« 約束の日+ | トップページ | 夢のようないちにちのはじまり∞ »

心友に逢いに*

Fujiyama01

10がつ26にち。快晴。
いよいよ 心待ちにしていた、約束の日+
夜明け前の群青の空に瞬くオリオン座。
始発の列車に間に合うように
わくわくとどきどきに息を弾ませながら
いそぐ足を踏み出す度
サックサックと鞄の中身も軽快におどる。

たいせつなトモダチ。 心の友 月ちゃん
彼女とはじめましての言葉を交わしたのは
cache*cacheを綴り出してまだ間もない頃のこと。
わたしのヘンテコな自転車の記事 (笑) に
彼女がコメントしてくれたのがきっかけでした*

それからしばらく後、
ずっと憧れていた秋色紫陽花さんとのご縁を結んでくれた彼女。
それをきっかけにメールやお便りでも
たくさんのやりとりを重ねさせてもらう仲に∞

うれしいこと たのしいこと
時には想い悩むことや
たいせつな夢のお話。
その中でモノゴトの感じ方がとてもよく似ていたり
心のみつめる方向がいっしょだったり
おまけに同じ歳だということも分かったり。
( はじめはお互い相手の方が若いと想っていたのです・笑 )

悶々と立ち止まったり
迷ったり、うずくまっていた想いも
ふたりで話していると不思議なくらい勇気がわいて
わくわくと夢もいっぱい広がって…
お喋りを重ねる毎にどんどん心の距離が縮まり
いつしかずっと昔からの友のように、
なんでも話せる
離れていてもいつも身近に感じられる
彼女はわたしの中でかけがえのない心友になってゆきました*

そしていつも想うのは、
" 彼女と逢えたらどんなに素敵かしら♪ " という願い。

そんな願いが3月のある日、フイに叶うことになったのです*

古くなり、電池の消耗も激しくなっていたわたしの携帯。
完全に使えなくなる前にと機種変えするために向かった携帯ショップで
想いも寄らない奇跡が…
新しく購入する機種を決めカウンターへ。
震災の影響で手続きに時間がかかるとのことで待っている中
よかったら、と差し出されたくじ引きのお箱。
何気なく引いてショップのお姉さんに三角の紙を手渡すと
びっくり顔で「一等です」と…!
当たったのは " ディズニーリゾートのペアチケット " 。
受け取った瞬間いちばんに頭に浮かんだのは
ディズニー方面で暮らす心友のこと。
もう、ぜったい、彼女に逢いにゆく切符だ! っと想ったのでした*

ただ、それは震災翌日のできごと。
チケットをいただいたものの
ディズーニーランドもシーも閉園状態で
いつ再開されるのかも分からず、
大きな余震もつづき
彼女を誘っていいものかとても悩みました。
けれど、逆にこのタイミングで手渡された切符だからこそ
" 逢いたい人にはちゃんと逢いに行きなさい " という
意味もある気がして
彼女のお誕生日の数日前、意を決して
よかったら、っとお便りを…
「 ぜひご一緒させてください♪ 」っと
お返事をもらってから約束の日まで
願いがこんなカタチで実現することがほんとうに信じられなくて
夢なんじゃないかと想ったりもして・笑
胸がいっぱいの日々でした。

東京へ向かう新幹線の窓から望んだ富士山*
久々にひとりで乗る新幹線に緊張しているわたし (苦笑) のもとに
「 きょうはお天気がいいから富士山が見えるね 」と
早朝から電話やメールをくれた
月ちゃん、叔母ちゃん、そして母と妹。 ありがとう∞
あとで「 これが富士山か迷った 」と写真を見せたら笑われたけど・笑
緊張がほぐれたよ〜♪

つづく∞


ランキングに参加しています+
にほんブログ村 インテリアブログへ

|

« 約束の日+ | トップページ | 夢のようないちにちのはじまり∞ »